Libro y diálogo 本と対話。

大好きな本と日々雑感。メキシコでの生活も含めて。

メキシコ地震 1985年と2017年。

 

 

 

f:id:libroo:20170901093515j:plain

(↑ いつか日本で頂いたタコス。中身の具材が少ないな~と今気づく。。)

 

 

先日メキシコで大地震がありましたが、国土がバカみたいに広いので(日本の5倍くらい?? )私の住むエリアでは全く揺れませんでした。メキシコシティはかつて大地震の余震で(1985.9.19) 大惨事になったことから、たぶんシティ在住だったら怖かったと思う。。あそこはもともと湖を埋め立てて造った街なんで、まぁ脆弱ですよね。あと建物がかなり老朽化したビルばっか!震源がもう少し近かったらヤバい気がします。

 

 

メキシコ地震 - Wikipedia

 

youtu.be

 

 まぁプレートとプレートの境目の歪みで地震って起こるわけなので、位置を見れば確実に今回の地震は起こりうるとなるが、耐震なんて概念がメキシコってそもそもないのでしょうか?耐震に限らず何事も、もうちょっと大局を見なきゃ~と日本人ならフツーに感じるところです。(このギャップが異文化ストレスっていう目に見えない毒ですよ。)

 

・・・ところでチアパス州というコーヒーの栽培で有名な場所が酷く揺れましたが、このチアパス。日本もコーヒー栽培に目を付けて1897年に入植しました。しかし栽培の知識も資金もなく、さらにすでに標高1500m程のコーヒー栽培に適した高地はドイツ人移民がちゃっちゃと支配しており、日本移民は高温多湿な場所しか得られなかったという。。。たった3年で失敗に終わりました。しかしチアパス産の珈琲はこちらのスーパーでも普通に買えますが、すっきりしてて飲みやすくなかなか良いのです◎ 私は日本から来られた方への手土産に使ってます。