Libro y diálogo 本と対話。

大好きな本と日々雑感。メキシコでの生活も含めて。

海外生活は楽しい?

 

 

 


f:id:libroo:20170731232938j:image

 

 

 

...

やぁっとメキシコ着3か月にして船便荷物が届いた。なんかもうタイムカプセルみたいな感じで、開封したいものの今後の引越しを考慮してほとんど放置。やたら服がぷかぷかだなぁと思ってヘルスメーターを出してもらったら3キロぐらい痩せてた。

 

うーむ ストレスかしら??環境が変わると大なり小なりストレスはありますし。海外生活は健康管理がなかなか難しいのが不便ですねぇ。

 

半年前くらいに、夫の会社の赴任説明会では「奥様方も海外生活を楽しんでください!」と言って下さっていたけど、それはもちろん建前の話であり行間を読めば「夫がきちんと業務に専念できるよう支援をして下さい。そのぶん家族分お金をフォローしますよ」である。

そのことを夫に話すと、「うーん、まぁ社員は厳しく自制しなさいって言われてるよねぇ」と。。まぁ今後も増え続けるメキシコ出向者・奥様のためにも、今いる人が事故トラブルに遭わないよう自己管理が必要となってくるのだなぁとしみじみ、思う。  

 

実際ご活発な駐妻さんのブログを見ると、「すげーな。。」ってくらい活動記録の充実感(自己顕示?)たっぷりでお腹いっぱいになるけど、、

しみじみとした幸せを感じる時間は本当は他人に公表するようなものではなく、ひとりで噛みしめたり二人の秘密にしたいものであるのだから、ましてブログには書かないもの。別に他人の生活なんてシェアする必要はないですからねぇ。というか社会的な地位があるほど個人の生活やプライバシーを守ることが必須。

 

(ブログなんて個人のぼやきをぶっちゃけ書きゃ良いんじゃん。それは読んでて人間味が出てて面白いから。)

 

さて私自身、海外生活を楽しんでいるかといえば、日本で夫と暮らすほうが余程か楽しいと思う。安全で外出も容易だし和食のお総菜もあるし、好きな洋服屋さんもあるし好きな人たちや猫ちゃんにも会えるし。

でも、そういうのを全部諦めてひとりの男を選ぶって、幾つになっても毎度私の恋の力は相変わらず破壊的で賭けみたいなものだなぁと思う。ことさら不器用なので自分にとって何がお得とか有利だとか計算ができないぶん、好きな人をまるごと信じやすいのだろうか。。。