Libro y diálogo 本と対話。

大好きな本と日々雑感。メキシコでの生活も含めて。

パンの話

f:id:libroo:20170526051753j:image

 

 

朝はご飯とお味噌汁と.. の和朝食派なのが夫で、私はパンもしくはクッキー、と紅茶とヨーグルトというイタリア風甘い朝食が好みなのでそれぞれに用意します。メキシコのパンは「食べれるもんじゃない。。」と何度か出張で行き来するたびに夫が言っていたので、ホームベーカリーで焼くことも考えましたが、今は食品を買うついでにインストア・ベーカリーで一週間分買って冷凍して食べています。

 

食品を買うのはsuperama(スペラマ)という、広島だとアバンセみたいなスーパーがあり、その中にパナデリアが。写真上がクラムが柔らかいバゲット、下がbolillo(ボリージョ)というクラストがパリパリだけど中はさくっとしたサンドイッチ用のパン。具を挟む用なので甘みはないリーンなタイプ。それからクロワッサンとchocolatin(チョコラティン)というパン・オ・ショコラ。生地はどちらもフランスのようにサクっとしていなくて、日本では天然酵母como(コモ)のクロワッサンに近い。

 

お味は添加物も少なく美味しい。価格はバゲットは54円、ボリージョ12円、クロワッサンとチョコが各75円くらい... 、、リーズナブル。

 

メキシコの大手製パン会社はBIMBO(ビンボ)というすごいネーミングの会社があり、日本のヤマザキみたいな感じ。パンの他にクッキーとか焼き菓子も作っている。スペイン語の先生に「ビンボっていうパンがあるよ~」と聞いていたので買ってみましたが、こちらは添加物が強烈に匂い、私は食べられませんでした++   

 
f:id:libroo:20170527061149j:image

 ↑bimboのパン。新作のこだわりの職人風..の割にはいまいち。 


f:id:libroo:20170527061200j:image

 ↑アメリカ製ですがこちらのラングドシャにドルチェ・デ・レチェ(ミルクジャム)味のチョコをサンドしたクッキーもお気に入りです。