Libro y diálogo 本と対話。

大好きな本と夫婦ふたり暮らしのなかで感じること。

メキシコにEMS で送ったら。


f:id:libroo:20170615034457j:image


荷物に入らなかったものをEMSで送りました。出発の2日後に家族に出してもらい約10日間で届きました。個人的には品目をスペイン語で書いてたから少し早かったかなぁ?と想像してみたり。

 

中身は洋服、日本の食材(昆布、味噌、中華スープのもと、レトルトカレーとか)、ラップ、アルミホイル、CD、資料少々etc... 大したものでないにしろ、合計6㎏弱で一万円の送料。

インボイスが必要とのことで、郵便局で伝票と別途もらいます。書き方は関税が掛からないように安めに値段をつけておくこと。(一項目につき4000円内くらいにしておく)

 

よく抜き取られるとか消耗品や食品はダメとか言われますが、今回は問題なしでした。ちなみに日本の食材はsnackと記入しました。チョコは禁制品になりますが、その理由はもしかして暑さで溶けるから気候的にNGなのかもしれない。。と感じるほどこちらは暑いです++(連日35℃以上)

 

不在票を受け取って市内の郵便局(correo)で受け取る際は、番号追跡してどの郵便局に保管してあるのか要確認。(私の住むイラプアトでは3つくらいあったので。ちなみに自分の荷物はplazuela hidalgo irapuatoという局にありました)

 

www.aftership.com

 

月曜~金曜は4時半くらいまで空いてますが、土曜は12時ごろに閉まるので注意。受付で不在票と身分証明を見せる。駐車場は郵便局の北側にある5月5日通りをオカンボ通りの方へ歩いたところにあります(8ペソ)。ここに停めて取りに行くと良いと思います。