読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Libro y diálogo 本と対話。

大好きな本と日々雑感。メキシコ・イラプアトにての生活も含めて。

海外赴任の転出届

 

 

海外へ引越す前に手続きが諸々あります。。(お役所は時間が掛かるのが常ですし)

 

【住民票の転出届】

私も全然分からなかったのですが、転出届を早く出してしまったため(夫の出国日付けにて)、印鑑登録証明(クルマの売却手続きのため)が発行できず、ギリギリ転出日の日に取り消ししてもらい再度転入し何とか発行してもらいました。。(←すごく迷惑な市民です)

その印鑑登録証明書は3か月間は有効とのこと、で何とかセーフかな^^;

 

それから夫は既に出国してしまったので、後日妻が二人分の転出届を出す際に、夫の出国スタンプが分かるページとパスポートの顔写真ページ、この2枚のコピーが必須とのこと。(FAXや印字したものOK、画像はNG)

「これがないと大変なことになります!!」と言われましたが、ど~なるんでしょうか?

 

 

春休みに入り市役所も学生さんと親御さん... という方をたくさん見かけました。

大学新生活ひとり暮らし、うらやましいなぁ^^

 

 

メキシコへ行く前に思うこと。

 

 

f:id:libroo:20170324191223j:plain

 

 

まさか第二の海外生活の地がメキシコになるとは思ってもいませんでした。だけどスペイン語を学ぶ良い機会だし、夫とは離れたくはないし帯同することに決めたのが昨年の秋。

それから年内に結婚しお仕事を廃業し、健康診断や予防接種を受け、2月末から週2回スペイン語のレッスンへ通い、3月中旬に帯同者向けの赴任セミナーを受け、引越し業者さんに下見に来ていただき、今月末に夫は出発。妻は住居が決定してから移動とのことです。(来月かな?)

 

行き先グアナファト州は日本人が増えたことで治安も悪化したとかなんとか... まぁそれはどこの国でも当たり前の現象だと思うけど、やはり心配~... と思う。でもまだ起きてないことを心配しても度を越してしまうから、本当はその国を好きになることが一番でいろんな意味でその国のルールが正しい訳で。

第一に、「自分のルールは通用しないな」というのが渡航前に思うこと。自分の主義を曲げなさい、ではなくて、今まで自分の外に存在していた価値観や文化をじわじわと自分に同化させていって、新しい自分を創ってみたい。

 

郷に入れば郷に従え、が最もコレクトかな?

 

 

 

春にしてあなたを思う。

f:id:libroo:20170305130246j:plain

 

 

… ほぼ同時期に小沢くんが日本に帰ってきて、春樹さんが出版した。

小沢くんはパパになって、すごい謙虚だけど静かに芯の強い意志を持たれてて、
インタビューで「自分はたいしたものじゃないっていう気持ちを持っていないと」て言われてたのが印象的だった。

曲はいつ聴いてもせつない。

胸の奥からじわぁっと出てくる涙が隠しきれなくて、「流動体について」も毎回聴く度に泣いてしまう。。

慎みが溢れていて、20年たっても小沢くんは素敵で憧れの方だ。


春樹さんは今回もクールな中に人間の脆さをずばっと書いてくれて、
『騎士団長』も早く読みたいような、読むのがもったいないような(^^; ドキドキさせてくれる物語。『女のいない男たち』の続・長編みたい... と眠りのまえ贅沢な読書のひととき。。